効果的なSEO対策/アクセス解析

Webサイトトップ

効果的なSEO対策/アクセス解析とは?

SEO対策とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンが、ホームページを理解しやすいように、最適化を施(ほどこ)しておくことを言います。
読み方は、「エス イー オー」、「Search Engine Optimization(サーチ エンジン オプティマイゼーション)」の頭文字をとって、「SEO」です。

検索エンジンの主な仕組み

SEO対策

Yahooをはじめ多くの検索エンジンがありますが、現在は90%がGoogleのロボットが主流となりつつあります。
このGoogleのロボットへ的確な情報を与えることがSEO対策となります。
検索エンジンロボット(情報収集プログラム)は、常に世界中のサイトを巡回し、重要なページをランク付けして、検索エンジンのデータベースに保存されています。
Googleの検索へキーワードを入力すると表示される多くの言葉は、数百万個あれども最初に表れるページがもっとも有力であり、そこへ表れるようにさせるために対策を施していきます。
また検索ロボットは、ページ内に書かれたリンクを一つずつたどり、巡回していますが、あまり階層の下にまで入ってきてくれません。
そのページに「何が書かれているのか」また、「どういう言葉でリンクされているか」「リンク先のページにどういう言葉があるか」、この3つをチェックしていきます。この言葉が一致する、あるいは関連していることで「リンク先のページは正しく評価されている」と判断しランク(Google内の評価)を上げて行きます。ここで大切なポイントは、リンクが書かれたページではなく、リンクされる側のランクが上がるという点です。
自分のサイトのランクを上げたい場合は、周りから正しくリンクされる必要があります。

SEO対策の重要なポイント

多くの他のサイトから、正しくリンクされていること。これを被リンクと呼んでいます。
またその被リンクが検索エンジンのランキングにとても影響されます。

リンク元のテキストが、ページ内のタイトルや文中の正しい場所に、適度な分量で配置されていること。
ロボットにもわかる正しいフォーマットで作成されていることが必要となります。

W3C(ウェブ標準化)

この正しいフォーマットを W3C(ウェブ標準化)とよんでいます。
Web標準化された文書(ウェブ標準化する事)は自然とSEO対策となるのです。
Web標準化を導入することでユーザにもロボットにも好まれるサイト構築を実現することができます。

SEOの落し穴

ロボット検索サイトはキーワードの出現率によって、そのページがどれだけそのキーワードに関連した内容のページか、
そのキーワードに関連した情報がたくさん載っているかを判断します。
キーワードを数多く並べたり、キーワードの文字を小さくして見えなくしたり、後ろの壁紙と同じ色などにして隠したりする行為はスパム行為になります。
営業目的に同じページをコピーしたり、多くのページをつくったりするとスパム行為とみなされて、
登録したサイトの順位が極端に下がったり、サイト事態が検索サイトから外されたりします。

(有)キューブはSEO業者ではありませんが、WEB標準化と可能な限り検索エンジン対策を施してサイト設計をさせて頂いております。
Googleの「検索エンジン最適化(SEO)」や「HTML文書の文法をチェック」というページも参考になります。

キューブへ問い合わせる
Webサイトフッタ
ホームページ・料金表
キューブのツイッター!フォローミー!